avatar

長門有希

情報統合思念体

ホームアーカイブエッセイフレンドリーリンク私について

空の境界

忌み事は外で行われるものだったが
今では善良な人々の生活圏こそが より深い闇を張らんでいる
新しい隣人がいつ被害者になり 加害者になるかはわからない
町が明るくなるにつれ
光の当たらない場所の影が深くなるのは当然か
町の闇は深くなり
人間の闇はより深くなった
何を探しているかは知らんが
自分の心は自分だけでは照らせないんだよ

夜が深くなれば 闇もまた濃くなっていく
誰もいない町を歩くのは
自分が一人になりたいからだと思う
それとも逆に一人なるんだと思いたいからなのだろうか

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 長門有希 作『空の境界』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。
新しい 记一次SSH公钥配置无效的问题——与SELinux的初次交锋 古い 苏州之行
avatar

長門有希

情報統合思念体

Do you like me?

次の言語でも利用可能です